その他デジタル」カテゴリーアーカイブ

デスクとオフィスチェアを新しくした

長年好みの問題から座卓と座椅子だったんですが、流石にこれをずっと続けると腰や肩に良くなさそうなのでついにデスクとオフィスチェアにしました。

デスクはコクヨの電動昇降デスク STANDSIT-W の横幅140cm * 奥行き 70cm、
チェアはSteelcase Series 2 + 純正ヘッドレストを追加しています。

コクヨ  STANDSIT-W & Steelcase Series 2
Steelcase Series 2 + 純正ヘッドレスト

元々の座卓が120cm * 60cmでもう少し広さが欲しかったのですが、新しいデスクの広さはちょうど良い感じです。

チェアの方は若干ランバーサポートの主張が強めなタイプなので適切な高さ設定がどこなのかまだ試行錯誤中。今までの座椅子には無かったアームレストは良い感じです。自分の腕が短いのでアームレストを最大の高さにしても足りていないオフィスチェアが多いのですが、Steelcase Series 2のアームレストは横にも可動範囲が有るので体側に寄せた状態でまぁギリギリ使えるかなという感じです。


Amazonアソシエイト


Amazonアソシエイト

部屋を広くするための電子書籍自炊 (ScanSnap iX1600)

電子版を所持していない・そもそも電子版が存在していない大量の本を電子化して部屋を広くするために ScanSnap iX1600を導入しました。一つ下のiX1400とどちらにするか悩みましたが、PDF編集ソフト「Kofax Power PDF Standard」が含まれている事を考慮して上位モデルのiX1600にしました。結果的にはこれで正解でした。

ScanSnap ix1600

裁断

裁断用カッターはカール事務機の「DC-F5100」。カッターは枚数が切れるものほどサイズも大きいので家庭の事情に合わせて選びましょう。ただ、DC-F5100よりも対応する厚みが小さい物は作業が面倒になるので、これより上の範囲で選ぶ感じで。DC-F5100の対応する厚みとしては「一般的なA5同人誌が7割そのまま切れる」という感じです。それ以上のサイズはカッターで複数冊に分ける→裁断機で裁断→スキャンという流れになります。カッターで複数冊に分ける際はページを開いた状態で中央を切るようにします。

DC-F5100

その他にはスキャナ清掃用の無水エタノール、元々持っていたカッター、カッターマットを用意しています。これらも必須でそろえておきましょう。

スキャン設定

いくつか試しましたが一般的に言われている設定でOKでした。スキャンをする際は必ず糊が残ってまだくっついたままのページが無いかに注意しましょう。

ScanSnap Home 設定
プロファイル名: 適当に決める
カラーモード: カラー
読み取り面: 両面
画質: スーパーファイン
向き: 回転しない
ファイル形式: PDF

詳細設定
白紙ページを自動的に削除: 無効化
圧縮率: 中

フィード: 継続スキャン
フィードオプション: 現行サイズ自動検出を有効化

フィードを継続スキャンに設定しておくことで一度には読み込めないページ数のスキャンでも1つのPDFとして読み込み可能です。

本をばらした際にどうしても少し残る糊がScanSnap内部のスキャン部分を汚していくので、何冊かごとにスキャン面を無水エタノールを含ませたタオルで拭き取ります(無水エタノールは保証外なので本来は純正のクリーナーを使った方がいいです)。

PDFの表示設定調整

「右綴じ」や「表紙ページは単独でそれ以降が見開き表示」のPDFにする設定は添付の「Kofax Power PDF Standard」で可能です。ファイルメニューの中からアクセスします。

Kofax Power PDF Standardの設定
Kofax Power PDF Standardの設定

電子書籍自炊時のPDF編集で一番必要なのはこの2点の編集なので、サブスクリプションで費用の掛かるAdobe AcrobatではなくiX1600添付のKofax Power PDF Standardで十分に感じました。

使用感

今の所100冊ほどを電子化しており、まだまだ目標の半分も対応していない所では有りますが、使用感はなかなかいいです。ScanSnapと裁断機のサイズを合わせても本が詰まった段ボール箱1個分なので、既にそれより大きな体積を部屋から解消できています。また、本以外にも仕事や研修などで溜まった紙の書類も大幅に処分出来ました(先述のスキャン設定の片面読み取り版を作っておくといいです)。置いてはおきたいが場所を取っている紙の本が大量にある方はいかがでしょうか。


Amazon アソシエイト


Amazon アソシエイト

2020年に買ってよかったもの、観て良かったもの

このコロナ禍で休日の外出も減り、テレワーク化で仕事含め外出する事も減り、秋ごろ行く予定だった函館旅行もキャンセルとなった一年でした。生活では変わった部分、変わらなかった部分色々有りますが、ここで2020年に買ってよかったもの、観て良かったものをまとめておきたいと思います。※Amazonリンクはアフィリエイトになっています。

電撃殺虫機

夏頃からこれまでに例を見ない程に小バエが出るようになってしまったのですが、電撃殺虫機を導入してからは全自動で小バエがお亡くなりになっていきます。飛んでいないように感じる日でも電源を入れたまま寝て朝を迎えると死んでいる小バエが居てほんと気づかない所に居るんだなぁという実感が有りました。

部屋に殺虫剤をばら撒いて自分の方がダメージを受けて小バエは平気で飛んでいたり、世間で言われている程の効果が出ない界面活性剤トラップより圧倒的ストレスフリーになりました。

重さは見た目よりもめちゃくちゃ軽い
稼働中の様子

Oculus Quest

5月頃に購入したOculus Quest。単体でも様々なVRゲームや動画コンテンツが楽しめるVRヘッドマウントディスプレイで、USBケーブルでPCとつなぐとPC向けのハイエンドなVRゲームも楽しめます。

これまでVR機器を一つも持っていなかったのですが、想像よりはるかに直感的な操作感、空間の実体感、大迫力で楽しめる動画などが良かったです。また、このコロナ禍の中であっても離れた人同士でも安全に集まって会話を楽しめるのも良かったですね。

詳しい話は 以前の記事 を。現在はデザインが白くなり性能もアップ、価格は大幅に安価になった Oculus Quest 2が出ています。実際に体感してみないと分からない面白さが有るので是非

こちらは Oculus Quest 1
VR忘年会 at VRChat

Microsoft Flight Simulator

マイクロソフトの有名フライトシミュレーションの14年ぶりの最新作。MSFS2020とも。もともと航空機は子供の頃から好きで過去にMSFSをプレイしたいと思いつつもプレイする機会が無く、ここに来てまさかの最新作登場でプレイしてみようと。

世界中の地形や町が再現され、3万を超える空港や飛行場で離着陸可能、天候は現実の天候をリアルタイムに反映(自由に変更も可能)というスケール感。航空機自体も好きですが、Google MapsやWikipediaを眺めて数時間過ごせる趣味持ちとしても世界中の都市や街、何気ない地方都市の街並みから数百~数キロメートルに及ぶ大迫力の地形まで本当に見どころが有ります。

操縦自体のやりごたえもどこにでも飛んでいける感じも良くまったりゆったりと無限に楽しめます。

ネパールからヒマラヤへ
都内の浜離宮
夕焼け
操縦するうえで必要なトグルスイッチ、ボタン、レバー、タッチパネルは実際に操作できる。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

2020年を締めくくるにふさわしい作品。話の見やすさ・最初から最後まで一貫したテーマ、過去2作(ラブライブ!無印、ラブライブ!サンシャイン!!)とは大きく異なる展開の転換、全体から感じるしっかりした納得感、細部の描写や演出の丁寧さ、絵と劇伴の良さ、尺不足感の無さとかなり良作でありながら、後半からはただの良作で終わらないフックの強さも見せてきます。

これまでのラブライブが持っていた部活物としての属性や廃校を防ぐために知名度アップ等を目的として大会優勝を目指していく大筋とは大きく異なり、舞台となるスクールアイドル同好会のメンバー個人個人はそれぞれ自分がやりたい事、目指したい事に向けてソロでの活動を行っていくのが大きな特徴です。これは一人の方がやりやすい・楽という物ではなく、むしろ個人の力で自分自身が持つ理想・やりたい事を表現する事の難しさや、自分自身の持つ課題との対話が描かれます。

その中でメンバー同士の助け合いや感化、温かく背中を押すリレーが回っていき、全員で1ユニットではない形でありながら「仲間だけどライバル」「ライバルだけど仲間」という関係性が丁寧に丁寧につながっていきます。

それは最終的にステージ上だけでなくファンや観客も含めた「みんなの夢を叶える場所」としてのお祭りイベント「スクールアイドルフェスティバル」へつながり、同好会メンバーでマネージャー的ポジションを務めつつもファンとしてのポジションでも有る高咲侑の夢、文字通り「みんなの夢」へと繋がっていく……。

既にネタバレをし過ぎた感は有りますが本当に丁寧な作品でおすすめです。ちなみに全13話です。これが元々はアニメ化されるつもりが無かった作品というのがびっくりしますね。

他にも

他にも 鬼滅の刃 無限列車編が作品としてのクオリティだけでなく現象として良かった話 とか、アニメ版「プリンセスコネクト!Re:Dive」が安定した面白さ楽しさを持っていた事とか、TVシリーズを完走した人なら絶対楽しめるので見て欲しい「劇場版ハイスクールフリート」とか、シャイニーカラーズのオンライン配信イベント 「MUSIC DAWN」 でそれまでのアイマスライブではほとんど取られてこなかった「居ないメンバーの歌詞を歌わない」というやり方を「ノクチル」というユニットがそのユニットの持つ世界観と、その下敷きになるストーリーイベント「天塵」を踏襲する正しさを持ってやりやがってきた事とか。

シャニマスの話をしていいなら「階段の先の君へ」とか「薄桃色にこんがらがって」とか「WorldEnd:BreakDown」とか「ストーリー・ストーリー」とか「天塵」とか「流れ星が消えるまでのジャーニー」とか全部今年ですからね。「明るい部屋」は2020年末の283プロの全てといった内容なので全員見て欲しい。

「明るい部屋」イベント

シャニマスMDの他にもオンラインライブだからこそ気軽な気持ちで初めてリアルタイムで観たAqours単独(オンライン)ライブであったり、Amazarashiのオンラインライブであったりオンラインだからこそ見られたものが有ったり。

楽曲だと「いつだって僕らは」(Amazon)とか「NEO SKY, NEO MAP!」(Amazon)とかアサルトリリィの「Edel Lilie」(Amazon)も良かったし、Amazarashiの「ボイコット」(Amazon)も良かった。

本だとエッセイの「自己肯定感低すぎて嫉妬してるときの自分マジで化け物みたい」(Amazon)が持っていない視点もそうだよねと同意するものも色々有って面白かったですね。洋画だと「インセプション」をVR HMDで観るのは変な没入感が有って良かったです。

なんなら「まだ大丈夫だった頃」のシンデレラガールズ7thの衝撃だったり、μ’sからニジガクまでが勢揃いしたラブライブフェスも今年。なんだかんだいろいろ楽しめた一年だったなぁと思います。