タグ別アーカイブ: PHP

ci-phpunit-testが動かない理由がphp7ccだった話

Composerで導入できる kenjis/ci-phpunit-test は Codeigniter 3.x で快適にPHPUnitによるテストが書ける便利なツールです。

その ci-phpunit-test にはクラスのメソッド、PHP標準の関数、定数などを書き換える事が出来る、モンキーパッチ機能が有るのですが。なぜか動かなくなり悪戦苦闘していました。

原因はComposerでグローバルにインストールしたphp7ccでした。

sstalle/php7cc はそのPHPアプリケーションが PHP 7.0 で動作するうえで問題が無いかを静的解析するツールなのですが、どちらも nikic/php-parser というPHPで書かれたPHPパーサに依存しており、違うバージョンが入ってしまうことが原因のようです。

nikic/php-parser v1.2.1 の composer.json の記述(抜粋)
nikic/php-parser: ~1.4,

kenjis/ci-phpunit-test v0.15.0 の composer.json の記述(抜粋)
nikic/php-parser: ^2.1|^3.0

とりあえずグローバルに入っている古いバージョンをremoveする事で、問題なく動くようになりました。


Windows環境のComposerを複数PHPバージョンで使い分ける

Windows環境におけるPHP複数バージョン導入は比較的簡単です。例えばCドライブ配下に複数のPHPをzip展開、php.iniの設定を行うだけでOKです。

c:\php\php56\php.exe
c:\php\php70\php.exe
c:\php\php71\php.exe

実際に使う際はこの中からデフォルトとして使うバージョンに環境変数を通しておきます。

c:\php\php56\php.exe
c:\php\php70\php.exe ←環境変数を通してデフォルトで使われるPHPにしておく。
c:\php\php71\php.exe

例えばPHPのビルトインWebサーバーを使う際、デフォルトで使うバージョン以外を使いたいプロジェクトではフルパスで別パスのphpを起動してやればいいです。

c:\php\php71\php.exe -S localhost:8080

ここで、Composerが問題になってきます。WindowsにインストールしたComposerは環境変数に設定されたデフォルトのPHPで実行されるので、PHP 7.1を使っているプロジェクトでPHP 7.1を求めるライブラリを導入したい場合などに、ComposerのチェックでPHPのバージョンが足りないと言われエラーになってしまいます。また、適切にcomposer.jsonが設定されていなければPHP 5.6のプロジェクトで7.0が必須のライブラリをインストールしてしまうかもしれません。

このComposerコマンドの実行ファイルは実際にはバッチファイルになっています。このファイルはインストール時に設定を変えていなければ

C:\ProgramData\ComposerSetup\bin

にインストールされています。

中に記載されているのは

@ECHO OFF
php “%~dp0composer.phar” %*

だけですので、このファイルを複製し

@ECHO OFF
c:\php\php71\php.exe “%~dp0composer.phar” %*

のようにしてあげれば、PHP 7.1で起動するComposerコマンドを作る事が出来ます。

PHP 7.1のプロジェクト上でComposerコマンドを利用する際はcomposerコマンドではなく

composer_php71.bat install

のように利用すればOKです。

なお、Composerがプロジェクトごとではなくグローバルにインストールするパッケージについては全てのプロジェクトに影響が及びますので、その点はご注意ください。


CentOS 6 / 7 標準のPHPでも高速化を諦めない

骨董品となって久しい CentOS 6 標準の PHP 5.3、CentOS 7 標準の PHP 5.4 ですが、ディストリビューション自体のサポート期間の長さと、それに伴う PHP 5.3、5.4 の致命的な不具合の概ねのサポート対応によって、「サポート期間の長い標準PHPを使い続ける」という場合も有るのではないでしょうか。PHP 5.5 以降にはphp-opcache (OPCache)という高速化の仕組みが有りますが、CentOS標準のPHPの場合もepel RepositoryからPECL扱いのopcacheが導入できるようです。

※epel Repositoryが有効化されている事

yum install php-pecl-zendopcache

※インストール後はApacheを再起動させたりphp-fpmを再起動したりなど、環境に合わせて適宜反映させる。

特にWordPress等のCMSやフレームワークでは OPCache の有無で大きく速度が変わってきますので、どうしてもディストリビューション標準のPHPを使い続ける事が必要な場合は、検討してみてもいいかもしれません。