月別アーカイブ: 2019年9月

CodeIgniter 4 RC1 インプレッション

Webアプリケーションフレームワーク Laravel 6 LTSの正式版が2019年9月3日にリリースされましたが、その数日前にCodeIgniter 4.0 もついにRC1となりました。beta1が今年の3月でしたので最初のベータ版からおおよそ6カ月でのRCリリースとなりました。(Larabel 6に関しては記事を書く方が大勢居ると思うので……)まだ本格的なアプリを作っていない状態ではありますがCodeIgniter 4 RC1のパッと見た感じを記事にしたいと思います。個人的にトピックな点に触れていくので細かな違いはドキュメントを参照してみてください。

CodeIgniter公式
https://codeigniter.com/

Composerへの本格対応や名前空間への対応

CodeIgniter 3でもComposer(PHPのパッケージ管理ツール兼オートローダー)で導入されたライブラリや独自定義のクラスをComposerのオートロードで読み込んだり、名前空間の定義されたクラスをアプリ内に含めたりnewしたりする事は出来ていたのですが、CodeIgniter自体をComposerで導入したり、CodeIgniter自体や作っていくコントローラやモデルなどで名前空間を使っていくようになりました。

なおComposerでの導入は必須ではなく、これまで通り圧縮アーカイブでダウンロードして配置して動かす事も出来ます。この辺りの選択肢を残しておくのはCodeIgniterらしくていいですね。また、Composerで導入する場合についても –no-devオプションを付けた場合(= PHPUnitを入れない場合)は数パッケージしか依存関係が有りません。一桁です。少なければ良いという訳ではないですが、フレームワークの全ての機能がそれぞれパッケージのようなSymfonyやLaravelに慣れていると方向性の違いを感じますね。

#導入
composer create-project codeigniter4/appstarter <任意のプロジェクト名> -s rc
# 内臓Webサーバでの実行
cd <今作られた任意のプロジェクト名のディレクトリ>
php spark serve
# →Webブラウザで http://localhost:8080 にアクセスすると仮のTOPページが見られる

JSON/XML形式でのレスポンス返却機能

ビュー(フロントエンド側)とのやりとりをJSONを返すAPIでやり取りする事が多くなった昨今ですが、CodeIgniter 4でもJSON/XML形式でのレスポンス返却が簡単になりました。例としてコントローラ内で

$data = [
    'status' => 'ok',
    'message' => 'json responsed'
]; 
 $this->respond($data, 200); 

と書いてやれば $data をJSONフォーマット化したレスポンスをHTTP 200で返してくれます。渡すのがarrayで良いってのはCodeIgniterっぽいですね。

respondはコンテンツネゴシエーション機能が文脈によってJSONではなくXMLを返したりします(WebブラウザでアクセスするとXML形式で表示されます)。この辺りは常にJSONを返したりなど設定変更可能です。また、他の形式での返却も追加できるようです。
https://codeigniter4.github.io/userguide/outgoing/api_responses.html

ORM的機能の追加

使う場面・使わない場面有るとは思いますが、簡易?ORMが追加されました(ドキュメント上ではORMとはよばれずModel、Entityと記載)。もちろんほぼこれまで通りの直書きSQL+変数の自動エスケープ有りバインディングであったり扱いやすいクエリビルダも利用可能です。

まだ触ってはいないのですが、ドキュメントを読む限りテーブル名やプライマリキー名は手動指定できるタイプ、シンプルなCRUD機能を提供、論理削除対応、バリデーション対応、変更できないプロパティの指定に対応、JSON←→Arrayの自動変換などある程度の機能が揃っているようです。でもテーブル間のJOINやそれに関連する遅延ロード・Eagerロードは見当たらない? どの程度まで使い込めるのかは触っていないので正直まだ分からないのです。

基本は変わらないコントローラ

ルーティング方法がシンプルだからCodeIgniterが好きと言う人は結構いるんじゃないでしょうか(想像)。 クラス名やメソッド名がそのままルーティングになったりディレクトリ階層でパスを分けたりといったあの感覚はCodeIgniter 4でもそのまま利用できます。

Controllerクラスを継承する必要が有ったり、渡された値はInputクラスではなくIncomingRequestから取得するようになっていたりなど差は有るのでその辺は新しい作法にのっとっていく形になります。あとはアプリケーションのエラーを返す際にshow_error関数を呼ぶのではなくコントローラ内で例外をスローするようになっていたりするのも最近のフレームワークっぽいですね。

あとは使いたい人だけ使う形で良いと思いますが、Laravelにも有るようなReutfulなルーティングをまとめて用意する機能が追加されていたりします。APIを数作っていく場合は楽になるかもしれませんね。

神クラスCi_controllerからDI風味へ

CodeIgniter 3まではコントローラ(というかCI_controller)がサービスロケータとして機能しており、更にそれがあらゆる場所から利用できていましたがこれは無くなりました。CodeIgniter 4では代わりに Service という仕組みにより newされたインスタンスを取得するようになります。

基本的にはコントローラ内で必要なインスタンスをServiceとして取得、あとはコンストラクタインジェクションやメソッドインジェクションで注入という方向性のようです。Symfony 4.xほど強力なDIの仕組みではない(Symfony 4.xのDIは本当に強力)ですが、CodeIgniter 3の CI_loaderっぽさも残っていてシンプルなので移行はしやすそうですね。
https://codeigniter4.github.io/userguide/concepts/services.html

/Config/Services.php にクラスの生成を定義。これがサービスプロバイダ的な感じですね。ここでオブジェクトを生成して返します。

上記で生成される仮で作ったライブラリです。

コントローラ内からオブジェクトを取得して利用します。

.envでの設定に対応

.env形式のファイルでフレームワークの設定値を上書きするような事が可能になります。Symfonyなど他のフレームワークで見かける様な物と同様に、環境ごとに変更したい設定が有る場合は.envファイルを用意する事で変更が可能です。

PSR-3準拠のロギング

ログを残す際のレベルがPSR-3に準拠するロガーで見かける様な物(RFC 5424)になりました。引き続きこれまで通りのlog_message関数が利用可能ですが内部的にはPSR-3準拠の関数群を持ったloggerサービスの log() を呼び出しています。DEBUGとERRORの間のレベルが欲しいと思う事が多かったので地味に助かるポイントです。他のPSR-3を実装するロガーへの入れ替えも可能なようです。

所感

CodeIgniter 3との細かい違いはそれなりに有ります。基本的にCodeIgniter 3のコントローラやモデルのコードはそのままでは動作しません。ただ、私がCodeIgniterの方向性だと(個人的に勝手に)思っている「薄く必要最低限で過剰に何かせずに分かりやすい感じ」はそのまま引き継がれているんじゃないかなという印象です。CodeIgniter 3のその部分が好きだったけど流石にもう設計の古さを感じるなという部分(名前空間非対応で有ったり)がアップデートされているので、悪くはない選択肢の一つになれればいいなぁという感想です。

追記 – 2019年9月26日(現地時刻)にCodeIgniter 4.0.0 RC 2が公開されました
https://forum.codeigniter.com/thread-74463.html


WordPress 5.2.3に更新したらmod_securityは調整が必要かも

WordPress 5.2.3 に自動更新されたところ、どうも弊環境の mod_security に引っかかる項目が増えたようでWordPressのコンパネにログインができなくなりました。

/var/log/httpd/modsec_audit.log の内容を確認の上で除外ルールを3つほど追加し正常にコンパネが利用できる状態に。

この辺り環境によっても設定している除外ルールは様々かと思いますが、もし5.2.3更新以後に引っかかる場合は確認してみてください。