TITANFALL 2 の「ドキュメントフォルダをデフォルト以外の場所に変更しているとセーブできない問題」をデフォルトに戻さずに解決する

事象

PC版 TITANFALL 2 (タイタンフォール2)にはユーザーのドキュメントフォルダをデフォルト以外の場所(Dドライブの任意の場所など)に移している場合に正常にキャンペーンモードのチェックポイントがセーブが出来ない、正確にはセーブは出来るが正常にロードできずにクラッシュする問題が有ります。

よくある質問 – Titanfall2(タイタンフォール2)攻略 Wiki

デフォルトの場所に戻せば解決するわけではありますが、わざわざ変えている以上理由がある訳で私の環境も元の場所には戻したくない理由が有るので、別の方法で解決します。

解決方法

ファイルの更新日時などから挙動を調べてみた所、セーブ時は移動先のフォルダに正しくセーブするものの、ロード時はデフォルトの場所を見に行くという挙動になっているようです。

セーブ先:
<移動先のドキュメントフォルダのパス>\Respawn\

ロード先:
C:\Users\<ユーザー名>\Documents\Respawn\

試しにセーブして終了した状態で手動でロード先へコピーしてやると正常にロードが可能でした。これを毎回行うのは面倒なので、ファイルシステム側の機能で対応します。

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動する。
  2. cd C:\Users\<ユーザー名>\Documents
    でロード先フォルダに移動する。
  3. mklink Respawn <移動先のドキュメントフォルダのパス>\Respawn
    でセーブ先フォルダへのシンボリックリンクを作成する。

これでNTFSのシンボリックリンクが作成され、チェックポイントのロード時もセーブ先パスのファイルを読みに行くようになり、問題なくプレイが出来ることを確認しました。