RAW現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro 10 に搭載された「比較明合成」機能でノイズ削減を試してみる

RAW現像ソフトであるSILKYPIXの最新版「SILKYPIX Developer Studio Pro 10」で単体での合成機能が搭載されました。ノイズ削減を目的とした「比較明合成」やマクロ撮影時に便利な「被写界深度合成」、画面内で動いている物を取り除く合成など複数の方法でRAW画像を合成して行く事が出来るらしい。単体でノイズ削減を目的とした合成ができるツールは既に有りますが、複数枚の写真を撮っておけば今も使っているSILKYPIX単体で合成(+手持ち撮影の微細なズレの自動位置合わせ含む)が出来ることになります。

あのRAW現像ソフトの老舗「SILKYPIX」が、型破りな機能を搭載して新登場
RAW画像合成に対応した「SILKYPIX Developer Studio Pro10」

今回はそのうちノイズ削減を目的とした合成を体験版を使って試してみたいと思います。特に軽量コンパクトが良さのマイクロフォーサーズ機では(サイズと引き換えに)高感度でのノイズが気になる事がままありますが、そこが簡単に改善できるならいろいろ助かる場面は有りそう。

さっそく以下をご覧ください。利用機種は LUMIX GX7 (2013年9月発売の機種) + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. (キットズーム) を利用した手持ち撮影です。画像は全て原寸なので右クリック→別タブで開くで原寸で確認できます。

LUMIX GX7 JPEG出し
1/60s F4.6 オートWB ISO6400

SILKYPIX Developer Studio 6 (今私が使っているバージョンです)でデフォルト設定のまま現像

SILKYPIX Developer Studio Pro 10 でデフォルト設定のまま現像

SILKYPIX Developer Studio Pro 10 でRAW画像3枚を「比較明合成(夜景)」(位置合わせ有効)で合成後にデフォルト設定のままRAW現像

1枚でRAW現像をしている時点でGX7内臓のエンジンとの差異を感じますが、ここで更にPro 10 RAW1枚現像とRAW3枚合成の細部を比較してみます。

GX7 JEPG出し。切り抜き

SILKYPIX Developer Studio 10 RAW1枚 切り抜き

SILKYPIX Developer Studio 10 RAW3枚合成 切り抜き

ノイズの出方がだいぶ穏やかになっている感じがしますね。ケーブルや星を見ても自動位置合わせはちゃんと機能しているようです。最もコントラストが残っているのはGX7 JEPG出しのような気もしますが、十分にディテールも保っているのではないかと思います。今回は比較明合成機能の検証なので他の設定を一切変更していませんが、同じく「ファインディティールモード」を使えば更に変わってくるかもしれません。

指定できる枚数は4枚だったり8枚だったりも可能です。以下2つ目の例です。

LUMIX GX7 JPEG出し
1/60s F4.6 オートWB -1.7EV ISO3200

SILKYPIX Developer Studio 6でデフォルト設定のまま現像

SILKYPIX Developer Studio Pro 10でデフォルト設定のまま現像

SILKYPIX Developer Studio Pro 10 でRAW画像4枚を「比較明合成(夜景)」(位置合わせ有効)で合成後にデフォルト設定のままRAW現像

SILKYPIX Developer Studio Pro 10 でRAW画像8枚を「比較明合成(夜景)」(位置合わせ有効)で合成後にデフォルト設定のままRAW現像

どうでしょうか。画面右上のケーブルを見比べてみると分かるのですが、4枚合成では微妙に合成の怪しい部分も出てきています。8枚合成だと若干復活していますね。風での揺れという可能性も有りますがおそらく手ぶれです。可能なら三脚を利用した方がより良い結果になるかもしれません。

作例が空と電柱と電線だけじゃアレなのでもっと別の物を撮ってみた方が良いかもしれませんが、それなりに使える場面が有りそうなんじゃないかと思います。