Amazon Lightsailの利用料金が半額になったのでインスタンスをスケールアップする

AWSのVPSサービスであるAmazon Lightsailの料金が半額になったという発表が有りました。値下げされた分、これまで最も低コスト・低スペックなプランを選択していたインスタンスをワンランク上のインスタンスにスケールアップしてみようと思います。

Lightsailについて

LightsailはEC2よりもかなり手頃なコストで仮想サーバーを利用する事ができる仮想サーバーです。VPC上にEC2を立てるよりは柔軟性が落ちる物の、固定IP設定、固定IP付け替え、スナップショット取得、ディスク追加、ロードバランサ―機能、ファイアウォール、DNS機能などが利用できます。また、安い利用料金にある程度のデータ転送料金も含んだ形になっているのでEC2よりも費用感が想定しやすいのもメリットです。

Lightsail
https://aws.amazon.com/jp/lightsail/

Amazon Lightsail が 50% の値下げと 2 つの新インスタンスサイズを発表
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/08/amazon-lightsail-announces-50-percent-price-drop-and-two-new-instance-sizes/

これまで512MB RAMのインスタンスに月額5ドルを払っていた分で、新料金プランでは1GB RAMのプランを契約できるようになります。安くなった恩恵をそのまま受けてもいいのですが、512MBでは常時スワップを消費するような運用になっていたのでこの機会にスペックアップさせます。

要点

Lightsailインスタンスのスペックアップは「スナップショット取得」→「新マシン作成」→「静的IPの付け替え」で行います。これまで使っていた静的IPがそのまま使えるのでDNSの設定変更は不要です。ダウンタイムの発生はIPを付け替える際の1~2分程度です。

この手順を行うには以前はAWS CLIでの操作が必要だったようですが、現在はコンパネの操作で完結します。

手順

AWS マネジメントコンソールから Lightsail の画面に移動します。

最新のスナップショットを取得します。

作成したスナップショットから新規インスタンスを作成していきます。

インスタンスプランは3.5ドルのプランが初期選択になっているので5ドルのプランに変更します。

しばらく待つとインスタンスが起動します。

SSHで接続確認。

メモリが増えている事を確認。ディスクサイズがアップした分も自動で認識されています。

ファイアウォール設定はインスタンスごとになるので既存のファイアウォールと同じように適宜調整します。HTTPSが初期状態では開いていないのでHTTPSを追加しておきます。

Webブラウザから接続確認。IPアクセスの為証明書がエラーになる以外は問題なく接続可である事を確認。ミドルウェアのバージョンアップなどはこのタイミングで必要に応じて行っておきます。

インスタンスの画面からネットワーキングの画面に移動。静的パブリックIPの管理画面に移動。既存のインスタンスから「デタッチ」を行い、新しく起動したインスタンスに「アタッチ」し直します。間違って静的IPを削除したりしないように気を付けます。

新しいインスタンスを選択してアタッチ。

旧インスタンスで使っていた静的パブリックIPでSSH接続。メモリやディスク容量からも新しい方のインスタンスになっている事が確認できます。Webブラウザからも問題なくアクセスできることを確認。

もろもろ問題が無ければ旧インスタンスを削除。

これで切り替えは完了です。

旧インスタンスのスナップショットは残ったままなので適宜削除してください。また、新しいインスタンスのスナップショットが無い状態ですのでスナップショットも取得しておくといいと思います。

IPの付け替えにかかる時間は短くインスタンスの利用料金も1時間単位での課金(月額5ドルという数字は一か月起動したときの料金)ですので、Lightsailのスペックアップは気軽に検討して行けそうですね。