WindowsのコマンドプロンプトからOS標準のsshやtarやcurlコマンドを使う

かつては色々な方法が有りましたが、Windows 10 (April 2018 Update以降) 現在においては特に追加で入れなくてもOS標準で以下のコマンドが使えるようになっています。

    • ssh (ssh-keygen等も含む)
    • sftp
    • scp
    • tar
    • curl

Windows 10にはLinuxのほぼフル機能が使えるWSL(Windows Subsystem for Linux)が有りますがそれを導入せずとも利用できます。唐突にLinux/Unixサーバーに接続してあれこれしたくなった時にも十分対応できそうな感じですね。

コマンドプロンプトのコードページ設定が932(ANSI/OEM 日本語 Shift-JIS)のままでもUTF-8なサーバーに接続してUTF-8なテキストファイルは普通に編集できるので普通に実用可能かと思います。

whereコマンドで探してみると C:\Windows\System32\OpenSSH\ssh.exe が存在している事が分かる。
※2行目に有るものはGitBashで導入されたsshコマンド。

Windows 10 RS4に追加された「curl」と「tar」コマンド
http://ascii.jp/elem/000/001/630/1630041/