Amazon Linux AMI のサポート期間が2年を切りました

まずは Amazon Linux 2 LTS 正式版のリリースおめでとうございます。

長期サポート (LTS) を付随した Amazon Linux 2 が一般公開
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/06/announcing-amazon-linux-2-with-long-term-support/

Amazon Linux 2 は systemd が導入されたり、各種パッケージのバージョンが変わったり、5年間の長期サポートが提供されたりなど、これまでの Amazon Linux AMI から様々な部分で変更が有る物になっています。

なお、それに伴い以前から予告されていたように2ではない方の Amazon Linux (※1) のサポート期間は2年間となり、具体的にはセキュリティ修正の提供期間が2020年6月30日までとなります。7月6日現在既に2年間を切っている状態となります。

AWS では 2020 年 6 月 30 日まで、Amazon Linux の最新バージョンに対するセキュリティ更新とコンテナイメージの提供を継続します。

Amazon Linux 2 に関するよくある質問
https://aws.amazon.com/jp/amazon-linux-2/faqs/

2020年は RHEL 6、CentOS 6、Windows Server 2008、Windows Server 2008R2、Debian 8 LTSと様々なサーバー向けOSのサポート終了が重なる年になっていますが、そこに旧Amazon Linuxも加わる事になります。これまでのAmazon Linuxの継続的アップデートとは異なり2に直接移行ではなく再構築となりますので、工数的にもこれまでのAmazon Linuxアップデートより重いものになります。

関係者の皆様におかれましてはお早目の移行を検討いただけるよう何卒。

※1:何と呼べばいいんでしょうね、Amazon Linux 1とかAmazon Linux 無印だと微妙に通りが悪いですし、公式ではAmazon Linux AMIと言っていますが別に2もAMIで公開されているわけですし。