自作PC」タグアーカイブ

2021年 買って・見て・読んで・始めて良かったもの

2021年も終わりという事でもろもろ見て・読んで・始めて良かったものをまとめてみる。「行って」編は別でまとめます。

買った物

キッチンワゴン、その他もろもろ収納

部屋の収納が常日頃足りておらず特にキッチンが元々の狭さも有って全然収納が足りていなかったのですが、キッチンワゴンを2つ+他にも収納アイテム諸々を導入してだいぶ改善されました。ワゴンの片方は天板が有るタイプにしたのでキッチン狭すぎる問題もある程度改善されて良かったです。ガスコンロが1口しかないので複数の鍋を使う時にフローリングに直接敷いた鍋敷きに退避したりしていたんですよね……。今年のベストバイのひとつは間違いなくこれ。キッチン極小物件に住んでいる人は天板が有るワゴンを買いましょう。ニトリ製。

PC大拡張

今年は使っているPCをだいぶ拡張しました。振り返ってみると思っていた以上に手を入れている。

1月末
メモリを16GB (DDR4 2666) から 32GBに拡張。

4月
PCケースをとFractal Design Focus G Mini に入れ替え。後部12cmファンにthermaltake TOUGHFAN 12を取りつけ、CPUクーラーをscythe KOTETSU mk2 に入れ替え。

5月
CPUをAMD Ryzen 5 2600 から AMD Ryzen 5 5600X に換装。

6月
メインの液晶ディスプレイをよくある普通のフルHD液晶から ASUS TUF GAMING VG259Q (24.5インチ フルHD IPS 144Hz)に入れ替え。

8月
ロジクールのゲーミングマウス G304 を導入。

9月
OSの起動ドライブをSATA SSD 256GB から WD SN550 NVMe SSD 1TB に換装。

10月
GPUをNVIDIA Geforce GTX 1660 Super から Geforce RTX 3060 (ASUS PH-RTX3060-12G-V2)に換装。

12月
オーディオインタフェースにARTURIA MINIFUSE1を導入。マイクにTASCAM TM-82を導入。併せてマイクアームも購入。

これだけ拡張してもMBは同じままなんだからソケットAM4プラットフォームは柔軟性の高いプラットフォームでした。来年からはAM5なのでこれが最後の拡張になりそうですが、Microsoft Flight Simulator (2020) も VRChatの重めのワールドもApex LegendsもVALORANTもだいぶサクサクで、2022年の最新タイトルもプレイしていけるゲーミング性能になったと思います。新しいゲームを触ってみようと思った時に「動くかな?」「PS5もXSXも持っていない」を考えなくていいのは精神面にも快適。

144Hz駆動のモニターは普通にWebを見ている分にも滑らかで良いです。これゲームをしない人でも高リフレッシュレートモニター全然良いんじゃないかと思います。

十数年間の使用で色々な部分にガタの来ていたPCケースもついに入れ替えてだいぶ現代的な見た目になりました。側面が透明になっているケースを使うのは初めてですが、実際に使ってみるとこれはこれでアリ。ただ裏面配線は結構大変。

マウスはもともとロジクールのM590を使用していて普段使いには全然使いやすいのですが、ゲーム用としてはLoD(持ち上げてカーソルが反応しなくなる高さ)が高くてFPS向けでは無かったので、ゲームプレイ時はG304にする事でちょうど良くなりました。

マイクに関しては自分自身は特に困っていなかったのですが、Discordを使って一緒にVCプレイする相手に対してよりクリアに伝わった方がいいかなと。ARTURIA MINIFUSE1はそこそこ駆動力が必要なヘッドフォン AKG K712 Proでも楽々鳴らせる強いヘッドフォン出力を持っていてノイズも無くUSB DACとしても常用しています。まだ試していないですがループバックにも対応していて配信者用途にも有りなんじゃないかと。

今後この環境に何かするとしたら、いい加減座椅子は腰に良くないのでちゃんとしたデスクとチェアにする事かな……。

電子辞書 カシオ EX-WORD XD-SX8500BN

結構前から欲しかった電子辞書をようやく購入。PCが目の前に有るならGoogle検索やWeb上の辞書サイトを利用してもいいのですが、単品で有った方がメリットが多そうだったので。電子辞書は初めて使ったのですが「辞書を引く分に関しては」複数辞書を同時に引けて画面も大きく見やすく大分使いやすいと思います。

ただ、辞書以外のその他様々なコンテンツに関してはどこまで読んだかを記録する仕組みが無くしおり的な機能も無かったりで要改善ポイントが多いですね。昔からあるジャンルの製品ですが今までそういう要望は無かったんだろうか……。

良かったか微妙な点も有りますがどのみちいつか買う予定だったものなのでここに。

遊んだもの

Apex Legends、VALORANT、スプラトゥーン2

Apex Legendsは昨年から触ってはいましたが本格的には今年からだいぶ触りました。長らくPvPのゲームもFPSも触っていませんでしたがだいぶPvPの年になりました。昨年Oculus Questを買って昔からずっと続いていた3D酔い体質がなかば強制的に改善された事と、プレイ配信で見かけることが多かったのがきっかけ。

バトロワジャンル自体を Apex Legends で初めて触るのでだいぶ面白かったですねー。知り合いとやるのも野良とやるのもYoutubeで配信者のプレイを見るのも大会を見るのもそれぞれ別の楽しさが有りました。無料です。

その流れで始めたVALORANTは5対5の設置・爆破ルール+キャラごとのアビリティ有りのFPSでApexとは全然ゲーム性が違いますが、こちらはこちらで常時緊張感のある戦いでこれもまた良かったです。全体的にはApexよりシビアですがキャラコンはApexほどは求められないのでキャラコン下手な人が頑張れる余地はこちらの方が有るかもしれない?1プレイ1プレイが精神面への負荷重いんですが、楽しい時は楽しいし勝てた時の達成感が大きい。無料です。

ここまでシューターを2種類触ってみて、シューターとして見逃せない巨頭のひとつであるスプラトゥーン2も触ってみようかと手を出してみました。エイムがマウスではなくジャイロ操作+スティックなので操作面ではとても難しかったですが、なるほど確かに楽しいゲーム。結構違うように見えて意識するべき事はApexやVALORANTと共通する部分もちょくちょく有って、ここからシュータージャンルに興味を持つ人も多いだろう良いタイトルだなと思いました。

YoutubeだったりTwitchだったりでの諸々の配信関連は観る時期と観ない時期の波が有るんですが、FPSを多くプレイするようになってからの時期はいろんな配信者さん、Vtuberさんのプレイを見る事も多かったです。個人的に最も熱かったのはApex Legendsでの個人の強さ最強を決める大会「超滅Apex」です。本来は各3人のチーム戦であるApexなので特殊な大会では有るのですが、次元の違うレベルの戦いがただひたすらに凄かったです。Apex触っている人は観よう。

TITANFALL 2 (キャンペーン)

Apex繋がりで。一人でプレイするストーリーモード(キャンペーン)の評判がとても良いのですが、実際にプレイしてみてストーリーは王道宇宙SFファンタジーで良質ですし、FPSでありながらも「メイン武器が銃であるだけの良質なアクションゲーム」としてとても良く出来ていて、自信をもって面白いと言えるバランス。FPSは触らないんだよなという人も3Dアクションゲームだと思ってぜひ触ってみて欲しい作品。

読んだもの

うみねこのなく頃に散 EP8(コミックス版)

うみねこのなく頃にを締めくくるEP8のコミカライズ版、うみねこのなく頃に散 Episode8:Twilight of the golden witchです。原作者からの情報を元に原作ゲームから大幅に拡充されたエピソードを含めEP8だけで全9巻の大ボリューム。人によって賛否分かれる部分は有るかもしれませんが、私はうみねこを追っていた人はぜひ読んでほしいと思います。これを読んで綺麗に締めくくりましょう。今年もっとも「読んでおいてよかった」ものはこれ。読んだ上でまた原作ゲームのEP8を読んでみるのもいいと思います。

三体

超有名SFですね。最初の1巻だけ読みましたが、中国文革時代の重厚なエピソードから始まりだんだんと超科学的な現象の話になっていき将来的に宇宙スケールのSFの話や人類の未来をかけた話へ発展していきます。正直人名を覚えるのに苦労する部分は有ったりするのですがストーリーの面白さは間違いなく、重厚である部分は重厚で有りつつも、読んでいて苦痛を感じるような無駄な難解さは少なく意外とライトに読めます。2巻ではまた人物が大幅に入れ替わっていて……そこで読み途中。

東京リベンジャーズと【推しの子】

今年全く新しく読み始めたコミックスとしては東京リベンジャーズですね。アニメ版は未試聴。ジャンルとしては間違いなくヤンキーものなんですが、実態としては令和のシュタインズ・ゲートとか僕だけがいない街とかあのタイプです。その部分のサスペンス的な面白さとジャンルとしての抗争などのバトル要素がそれぞれ面白いです。まだ最新刊までは読んでいないですが、綺麗に引き延ばしなく終わってくれるといいなぁ……。

推しの子は元々読んでいますが、今年も安定して面白いです。最新巻の2.5次元舞台編はバトル漫画を読んでいるかのような熱さのぶつかり合い。もしまだ読んでいない人が居たら1巻の最後まで読んで見て欲しいです。1巻のラストで「あっ、これそういう話になるんだ」と正体が分かります。

シャニマス関連

最近シャニマスのストーリー追えていないんだよねという人はSHHisのW.I.N.G.編、ストーリーイベント「アンカーボルトソング」「ノーカラット」、SHHisのファン感謝祭編を抑えればOKです!

観たもの

劇場版 レヴュースタァライト

TV版を見ていた人は観よう。観ていない人も(放映当時公開されていた)冒頭映像を見て気になったら見よう。でも全然上映館数少なかったんですよね。

映像も音声も盛られまくった演出も感情のぶつかり合いも大迫力で観客を殴り続ける活劇。でも話の本筋は意外と分かりやすくおいてけぼり感は意外と少ない作品。ストーリーの話をすると劇場版レヴュースタァライトは観客(とキリン)にとっては再生産だけど、舞台上のキャストたちとストーリーの本筋としてはどちらかというと再清算、という印象でした(そうではない部分が愛城華恋)。そういう部分で見ていくと露崎まひるのワイルドスクリーンバロックって「決着をつけておきたかったので付けました」っていう潔さが際立つ。清算が終わり、レヴュースタァライトを思いのほか綺麗に締めくくります。配信サービスに来たら見直したい。

劇場版 閃光のハサウェイ

これも映像凄かったですねー。暗闇の中の戦闘が多いですが、その中での迫力がちゃんと有り。まだ3部作中の1作目で単体でストーリーがどうという感じではないのと、原作的に今後明るい話にはならなさそうですが2作目以降も観たいと思います。[Alexandros] の「閃光」も良い曲。

劇場版 きんいろモザイクThank you!!

アニメとしてのきんいろモザイクを締めくくる本作。丁寧に丁寧に、ギャグ部分はしっかり面白く、綺麗に物語を締めくくります。本当に幸せにあふれた作品でした。一番面白かったのは合格の舞。

某タイトルの影響も有ってたまに大きな馬のレースを見ることが増えました。色々と分かる物事が増えたうえで観ると面白いですね。エフフォーリア強かったなぁ。

見たもの

佐藤可士和展

半分「行った」編では有りますが、国立新美術館で開催された「佐藤可士和展」を見てきました。具体的な内容は以下の記事を見た方が分かりやすいです。

様々なデザインがスマートフォンで聴ける音声ガイドでそのデザインの目指したものや意図も説明してくれて面白かったですね。

始めたもの

カロリー計算

食べ物・飲み物を選ぶ・食べる際にその食べ物がカロリーいくらぐらいなのかを考慮に入れるようにしたところ1年で体重が10kg落ちました。カロリーだけでなくタンパク質や食物繊維やビタミン類も考慮に入れているんですが、それでも検診は「良くなったうえで」C。良くなってはいるので今後も続けていきたい。

原付二種の免許

を取ろうと教習所へ。実際に教習が始まるのは来年からなので合格出来たら改めて取ろうと思った経緯や経過などを残そうかなと。合格無理そうだったらまぁお蔵入りで。

というわけで2021年 買って・見て・読んで・始めて良かったものでした。「行って」編はまた別で。総合的にはPCゲームでFPSな年でしたねぇ。PCの拡張は今年で一通り済んでしまったのと、各種PvPタイトルの腕の向上もだいぶゆるやかになってきたので、来年はどうなるかな。

特定の環境でexFATのHDDが有ると起動しない件

既に夏ごろの話なのですが、メインPCをWindows10にリプレースするにあたって遭遇した現象。最終的にはNTFSでフォーマットしなおす結果になりました。はっきりした事は分かっていませんが、状況をメモしておきます。UEFI(BIOS)のPOST時点で起動がフリーズするのでOSは関係なさそうです。

  • 発生した状況はマザーボードにASUSTek P8Z68-M PRO、HDDはHGST HDP725050GLA360を利用している環境。
  • 再現率100%。
  • exFATのHDDは起動ドライブではない。起動ドライブはNTFSでフォーマットされたSSDを利用しておりSSDのみ繋いだ状態では問題なく起動する。
  • UEFIをその時点の最新バージョンに更新してみるも特に変わらず。
  • exFAT形式でのフォーマットはWindows7 SP1で実施。
  • どうもチップセットに関係なく同様の状況が起きているケースもある模様。
    ―(検証希望)3TBのHDDをexFATで初期化するとHDDにロックがかかる
    http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000424008/SortID=16591024/#tab
  • NTFSでフォーマットしなおしたら改善。